家や暮らしに対する考えや想いはひとそれぞれ。実際にセシボにお住まいの方々に、キッズデザインな暮らし方の印象を聞いてみました。

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

クリックでメニューが開きます。
 
閉じる
お施主様の声~注文住宅実例~

第2回 「子育て家族の目線で作られたマイホーム」神奈川県横浜市にお住まいのKさん一家


子どももペットも大満足。思い通りの暮らしを実現。

横浜市の閑静な住宅街に建つK邸は昨年10月に竣工したばかり。Kさんご夫妻、長女のYちゃん(2歳)、それにポメラニアンのルウ君(4歳)が暮らす温かい雰囲気の住まいである。

子どもがのびのび遊べるスペースが欲しい、ペットも気兼ねなく飼いたい……。そんな思いから、いずれは家を建てて落ち着きたいと考えていたというKさんご夫妻。
「偶然妻の実家の隣の土地が売りに出て。夫婦ともに30歳になったばかりでしたが、いい機会と思い、家づくりを決断しました」
「両親の隣だと子育ても助かる。徒歩圏内に学校があり、娘の教育にも絶好の立地でした」

階段をリビングに配置。「娘が2階に上がる姿が直接目に入るのがいいですね」

土地購入後、住宅メーカーのモデルハウス巡りを始めたのだが、そこでちょっとした問題が持ち上がる。
「このエリアは市街化調整区域。将来家を移転しなくてはならない可能性もあり、最初から″ここには建てられない″とおっしゃる住宅メーカーもありました。でも、アイフルホームさんの営業担当の方が親身になっていろいろ調べてくれて。″大丈夫、建てられます″と言ってくれたので、安心してお任せすることにしました」

セシボのモデルハウスを見てひと目で気に入ったのは、奥様のMさん。
「娘もまだ小さくて、私の姿が少しでも見えないと″ママ、どこ?″と不安になる。この家のプランはキッチンから1階が見渡せる設計なので、いつも見守れるし、娘も私の姿がつねに確認できるので安心して遊べる」

対面キッチンからは家事をしながらカウンター越しにリビングがすべて見渡せて、小さなお子さんがいても安心です。

ご主人のKさんは、モデルハウスが子育て家族の目線で作られていた点を好感。
「入居後の暮らしが具体的にイメージしやすかった。実際、入居後も自分たちが思い描いていた通りの暮らしができて満足しています」

ご夫妻の案内で、早速1階を見せてもらう。ふたりがモデルハウスを見て気に入り、「ぜひうちにも!」と作ったのが、1度リビングを通ってから2階に上がれる「リビング階段」。
「洗濯モノを干しに2階に上がろうとするだけで、娘は″ママ、どこいくの?″と聞いてくる。しばらく姿が見えないと″ママ、ママ!″と呼びます。リビング階段なら″2階にいるよ!″と声を掛けるだけで伝わるので、娘も安心してひとりで遊んでいられる。私も家事を中断しなくて済みます」

娘さんが大きくなっても、リビング階段は親子の絆を育み続ける。
「学校から帰って2階に上がる前に必ずキッチンの前を通る。そのとき一瞬でも娘と顔を合わせ、会話が交わせるのがいい」

2階の洋室。現在は2部屋をつないで使っているが、中央の下がり壁で仕切ると独立した2部屋に。

キッチンは収納が充実していて、しかもとてもすっきり。
「食器や食品は全部大型のパントリーにしまっておけるので、余計なモノを出しておかずに済み、炊事がはかどります。奥行きも十分なので、娘とふたりでキッチンに立てる。娘もここに越してから料理に興味が出たようで、自分から踏み台を持ってきて、お菓子づくりなどを手伝ってくれるようになりました」

LDKは7mのワイドスパン。
「仲の良いママ友と集まってよくランチやお茶をするのですが、最近集まるのはほとんどわが家(笑)。収納豊富で室内が広々使えるから、大人5人、子ども5人が入っても余裕。″うちもこんなふうに建てればよかった″とママ友にも好評です」

バスルームも2人同時に入って大丈夫な広々サイズ。これは「娘とのんびりお風呂に入りたい」というご主人のKさんの要望。キッチン側の引き戸を開けると直接LDKとつながっているので、冬でもお風呂上がりに寒い思いをせずに快適に過ごせる。「引き戸を開けるとパントリーのまわりを回遊できる。ルウと娘が追いかけっこで遊んでいます。妻も水回りの行き来が楽だ、と喜んでくれています」

子どもの成長に合わせてアレンジ可能な家づくり。

続いて2階へ。南側に広めの子ども部屋を配置してある。

納戸としても使えるクローゼット。「2階にもうひとつトイレを作ろうかと思いましたが、それをやめて広くして正解」

「いまは第2のリビング兼娘の遊び場。中央を壁で仕切れるようにしているので、将来子どもがもうひとり生まれても、子ども部屋を2つ作ることができます」

寝室には約1・5坪のウォークインクローゼットをしつらえた。
「洋服以外の細こまごま々した品物も仕舞っておけるので、家のなかが片付いて助かっています」

Kさんの職業は、メンテナンスエンジニア。帰宅はほとんど深夜近くになるというハードな仕事だ。
「家が心底寛げる場所でないと疲れが取れない。この家だと家族みんなでリラックスできるので、毎日新たな気持ちで仕事に取り組めます」

娘さんも明るくなったとMさん。
「以前は少し人見知りでしたが、ママ友が頻繁に遊びに来て、同年代の子どもと一緒に遊ぶようになり、性格が外向的になりましたね」

この家に120%満足のご夫妻。
「市街化調整区域の関係で将来転居する必要が出てきたとしても、もう一度アイフルホームさんで建てたいと思います」




建築実例紹介

Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る