シックハウス症候群の基礎知識。原因は多岐にわたります。

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

クリックでメニューが開きます。
 
閉じる
はじめての家づくりガイド|シックハウス対策

シックハウス症候群の基礎知識 原因が多岐にわたるシックハウス症候群

シックハウス症候群と化学物質過敏症の違い…

シックハウス症候群と似た症状を引き起こすのが、化学物質過敏症です。
シックハウス症候群は住居内での知覚症状が多いのに対し、化学物質過敏症はあらゆる環境において化学物質に過敏に反応し、排気ガスやタバコの煙など大気中の化学物質をはじめ、化粧品や洗剤などに含まれる微量の化学物質にも反応してしまいます。

シックハウス症候群の歴史

1970年代、欧米ではオイルショックの影響などから、省エネルギーの必要性が叫ばれ、エアコン等の効きを良くするために、ビルの換気量を大幅に減らすようになりました。しかし、これが原因で、ビル内で働く人が次々と体の不調を訴えるという問題が起こりました。1980年代にこれが社会問題を巻き起こし、ビルにおける職場環境問題として多くの疫学調査や研究が実施されるようになりました。日本でも1980年にはJAS(日本農林規格)において、ホルムアルデヒドの放散量を規制する規格が制定されています。

シックハウス症候群って何!

「シックハウス症候群」とは「室内の空気が汚染されることによって引き起こされる様々な健康障害の総称」とされています。新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がする、などの症状が出る「シックハウス症候群」。その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。

シックハウス症候群の原因その1

シックハウスの原因を考える時に最も重要なのは住環境ですが、それ以外にも様々な日用生活品や食生活などのライフスタイルが原因でシックハウス症候群になる場合もあります。建材や家具以外で、シックハウス症候群の原因となるものは・・・衣類、食品添加物(化学調味料)、洗剤、電化製品、化粧品など、本当に多岐にわたっています。挙げたもののほとんどが生活するうえで必要不可欠なものですが、生活スタイル(日用品などの選択)によって摂取する化学物質は大きく変わります。

シックハウス症候群の原因その2

住宅に発生する結露もシックハウスの原因の一つにあげられます。問題となるのは、結露によって増えるカビとダニです。カビが飛ばす胞子や、カビをエサにするダニが繁殖することで、抜け殻やフンが空気中に飛び散り、シックハウス症候群を引き起こす原因となります。また、カビやダニが増殖すると、防カビ剤や防ダニ剤を使う頻度が高くなり、これらに化学物質がたくさん含まれている場合があります。結露は、建物を傷め、シックハウス症候群の原因にもなりうる、まさに百害あって一利もない現象です。

アイフルホームは、化学物質が少ない建材を使って住宅を建てるとともに、十分な結露対策によってシックハウス症候群をひき起こす原因を少なくし快適に暮らせる住環境を実現します。

ホルムアルデヒド放散量の国内規格

ホルムアルデヒド放散量
表示区分 発散速度 相当デジケータ量*
F☆☆☆☆ 5μg/m2h 0.3mg /リットル以下
F☆☆☆ 5~20μg/m2h 0.5mg /リットル以下
F☆☆ 20~120μg/m2h 1.5mg /リットル以下
ただし、発散速度は100μ/m3の値
※建材によって異なります。

結露対策を施し、シックハウス症候群の原因と言われているカビやダニなどのアレルゲンの発生を抑制しています。

  • 屋内と屋外の湿度差による結露の発生を抑えるペアガラスの採用
  • 床下に発生する湿気を抑える全周床下換気工法の採用
  • 壁の中に発生する壁体内結露を抑える外壁換気工法の採用
  • 天井・棟に発生する湿気を抑える屋根周りの換気口の採用

アイフルホームは、化学物質が少ない建材を使って住宅を建てるとともに、十分な結露対策によってシックハウス症候群をひき起こす原因を少なくし快適に暮らせる住環境を実現します。


初めての家づくりガイド

Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る